惰性を捨てた2023年

当たり前という物事にたいして、一歩立ち止まり検証して
継続 or 捨てる、を選別した2023年だった。

長く生きて来ると、当たり前のように継続している物事がある。
思考停止で、ルーティンとして取り扱うことによって
日常生活が非常に不自由になっていることに気づいた。

昭和のTV “戦”脳プロパガンダ

昭和の時代は、一般的に、TV・新聞が主たる情報媒体であった。
年末年始は「紅白歌合戦」「ゆく年くる年」を観ているうちに
日付が元旦になる、という過ごし方が多かったのではないでしょうか。

TVのCMを介して、生きる価値観を知らず知らずのうちに
洗脳されて来た。
「24時間戦えますか?ビジネスマン、ビジネスマン」
「企業戦士」
などと「戦」という活字が、当たり前のように使われていた。

受験“戦争”
就職”戦争”
バーゲン”争奪戦”

テレビ・新聞の情報、学校教育の情報が「正しい」と
疑いもしない、空気感の中で
知らず知らずのうちに、社会は「戦って生活権を獲得する」
という異常な価値観を刷り込まれて来た。

学校においては、炎天下の朝礼、遅刻者を見せしめに殴るなど
まるで軍隊さながらの「(上官の指示に従う)戦士」として育成し
飼い慣らし、社会という戦場に向かって、量産して来た。


平成〜令和 大手SNSが内面破壊させる情報媒体に豹変

昭和で「戦い」を洗脳され
平成〜令和は、SNSという場所において「戦いが実行」されるようになった。

「自由な議論」という、否定しにくい美辞麗句の建て付けの元で運営されている
大手SNSは、蓋を開けると、悲惨な戦場になっていた。
TVは一方的に情報を送りつけられるが
SNSは、双方向で情報のやり取りが行われることにより
結果的に、脳が「自分軸」<「他人軸」で活動してしまう。

また、大手SNSの運営は、広告収入で成り立っているので
ユーザーがフォローもしていないにもかかわらず
時間泥棒と言わざるを得ない、広告がポップアップに出てくる。
当該ポップアップ消去ボタンを押す瞬間も、個人の貴重な時間を奪われている。
まさに、「他人軸」の時間を強要されている、不自由な瞬間だ。

SNSを利用して、外からの情報を入れることで
脳が無駄に動いて(感情を揺さぶられ、怒り、不安、ネガティブに傾く)
内なる自分自身が、日増しにダメージを受けていたことに気づいた。


令和 食材同様ヘルシーなSNSを自主選択し「自分軸」を取り戻す

SNS=害悪、と片付けてしまうのも、乱暴な思考であろう。

SNSも、広く見渡せば、精神的疲弊を軽減させるべく
広告が出てこない、ヘルシーな場所も存在している。

例えば、ビールが好きな人が集まる場所。
日本酒が好きな人が集まる場所。
そこには「戦い」という概念が無い。
また、広告という時間泥棒も無い。

旧来SNSの、1つの場所に、いろんな志向の人をぎゅう詰めに押し込み
まとまりのないカオス状態で24時間、戦いを繰り広げられるストレスフルな環境に
比して、非常に平和な空気に包まれている。

これが本来、人類の在るべき理想的姿ではないだろうか。

2023〜2024にかけてフリーミアム情報媒体を大掃除(脱GAFA)

ユーザー情報を利用し、ユーザーに広告を浴びせ続け
ジワジワ人類を洗脳支配しているであろう
巨大企業との繋がりを、少しずつ確実にリストラして行く
これは、今日明日の即効性の手応えが無いように視えるが
長期的に考えると、選挙に行くことよりも世の中を変える破壊力は大きい。

===捨てる情報媒体(中央集権)===
・旧来の通信/年賀状・はがき・手紙:個人情報だだ漏れ
・メッセージ機能/LINE:広告のポップアップを消す時間が無駄
・コンテンツ機能/Amazonプライム:コンテンツがほぼほぼ有料化に改悪
・検索エンジン/Google:検索すればするほど個人情報を吸い上げられるリスク
・カレンダー機能/Google:個人情報が漏れている可能性が否めない
・メール機能/Gmail:検索した情報関連の広告メールでデータ容量嵩増しされ有料契約誘導が残念すぎる
・Facebook関連/Instagram、スレッズ:フォローして無い広告情報が、フォローしている人を探す作業を邪魔する
・情報発信SNS/大手広告プラットホーム(Twitter、Instagram、スレッズ):意図しない広告や投稿の差込が時間泥棒である

===新たに採り入れる情報媒体(中央集権→分散型へ)===
・メッセージ機能:導入済み 《寄付のみで運営》Signalシグナル(非広告)
・コンテンツ機能:検討中 《有料》Netflixネットフリックス もしくは Apple TV+
・検索エンジン:導入済み 《無料》DuckDuckGoダックダックゴー(非広告)
・ブラウザ:導入済み 《無料》braveブレーブ検索情報の追跡をシャットアウト
・カレンダー機能:検討中 《有料》iCloud(Appleは巨大企業でありながらユーザーから得た情報は広告ではなくユーザー利便性に還元する姿勢に信頼担保できる)
・メール機能:導入済み 《有料》Xサーバーでオリジナルメールアドレスを立ち上げる (オンラインショッピングの紐付けメール随時変更して行く)
・情報発信SNS:導入済み 《寄付のみで運営》マストドン(非広告)のWebアプリ Phanpy(ファンピー)
・情報発信:導入済み 《有料》脱大手プラットホーム(Xサーバーで自分のサイトを作り、ブログ情報発信)


さいごまで読んでくれて本当にありがとう。感謝

トップに戻る
error: Content is protected !!