2022年あたらしく出会った音楽3曲

2022年あたらしい音楽との出会いはAIだった
2022年 出会った音楽は 全てSpotifyのAIオススメだったことに驚いている…
大雑把なジャンルで検索していただけなのに、なぜ故に、志向ど真ん中の作品と出会えたのだろうか…

アンドリュー・ペクラー氏の 「Approximate Bermeja」という楽曲
変拍子、ほぼほぼ無調性、予定調和を見事に外しまくる構成
もう聴いた瞬間、自分の既成概念が、良い意味で木っ端微塵に打ち砕かれた。


こちらは、冥丁(めいてい)氏の「波」という楽曲
変拍子、和風の調性、想定外の構成に耳が釘付けになる…


アンビエント系に心奪われたまま2022年が過ぎていくのかと思いきや…年の瀬 ギリギリのところで
Hadrien Feraud 氏(アドリアン・フェロー)超技巧派ベーシストの「Born in the 80’s」という楽曲に釘付けになる
馴染みのあるビートなのだが、聴けば聴くほど「アレっ…何だこれは?」「何なんだ?」「えええええ?」
無調性のような調性のような不思議な和声…
変態を最初から最後までやり抜くという 凄く肝の座った楽曲に驚くとともに、リスペクトである。
聴き尽くしちゃった感のあった、自分の脳内musicライブラリーが、良い意味でブラッシュアップ更新された次第です。


ありがとうSpotify!
創作の源に良い刺激を与えてくれて本当にありがとう!

みなさんは、2022年あたらしい音楽との出会いは
どんな感じだったでしょうか?
また、教えてくださいね!

日増しに寒くなる候…
みなさんも、健やかな師走をお過ごしください

最後まで 読んでくださって ありがとう!
それではまた…

トップに戻る
error: Content is protected !!